トイレ修理で業者に頼んだら20000円請求された!これってぼったくりなの?

タイトル通り「トイレ修理で業者に頼んだら20000円請求された!これってぼったくりなの?」について語りたいと思います。

トイレのトラブルと言えば色々なトラブルがあると思います。

例えば、つまり、水漏れなど。大まかにいうとこういったトラブルが主要です。

しかし、トイレの詰まりや水漏れに関してただ、詰まった!水漏れしている!だから早く業者に直してほしい。

でも、実際に業者に頼んだら20000円請求された!ぼったくりですね!

という、内容の意見をネットでよく目にしますが、本当にこれはぼったくりでしょうか?

業者を呼ぶ=亜自分で直せないから呼んだ

なのではないでしょうか?

なのであれあば、業者さんに請求された金額は妥当な場合もあります。

あきらかに簡単になおる作業で10万円になります。となればぼったくりだと思いますが、業者さんでも簡単に直せない場合は20000円は妥当な金額です。

トイレの修理というものは健康にもリスクがあります。

例えば今流行っている「胃腸炎」にかかるリスク。万が一胃腸炎になれば1~2週間ほど動けなくなります。

こういったリスクを抱えてトイレ修理をするのに難しい作業を1000円、2000円、3000円と作業してくれる業者はいません。

なので料金に納得いかなければすぐにお断りをすることが一番です。

最後に最近読んだ本で「高いなぁと言われても売れる営業のしかけ」という本を読みました。

そこに
「サービスの価値はサービスを受けた後よりも受ける前の方が圧倒的に高い」

という言葉がありました。もしかしたら「ぼったくり!」と嘆いている方は行作業員の営業方法にも問題があるかもしれませんね。

ぼったくり業者!という前にまずは適正な価格か細かく確認したうえにしましょう。

料金を安く済ませたいとお考えの方はこちらの
トイレ つまり業者はいかがでしょうか。