トイレ修理で業者に頼んだら20000円請求された!これってぼったくりなの?

タイトル通り「トイレ修理で業者に頼んだら20000円請求された!これってぼったくりなの?」について語りたいと思います。

トイレのトラブルと言えば色々なトラブルがあると思います。

例えば、つまり、水漏れなど。大まかにいうとこういったトラブルが主要です。

しかし、トイレの詰まりや水漏れに関してただ、詰まった!水漏れしている!だから早く業者に直してほしい。

でも、実際に業者に頼んだら20000円請求された!ぼったくりですね!

という、内容の意見をネットでよく目にしますが、本当にこれはぼったくりでしょうか?

業者を呼ぶ=亜自分で直せないから呼んだ

なのではないでしょうか?

なのであれあば、業者さんに請求された金額は妥当な場合もあります。

あきらかに簡単になおる作業で10万円になります。となればぼったくりだと思いますが、業者さんでも簡単に直せない場合は20000円は妥当な金額です。

トイレの修理というものは健康にもリスクがあります。

例えば今流行っている「胃腸炎」にかかるリスク。万が一胃腸炎になれば1~2週間ほど動けなくなります。

こういったリスクを抱えてトイレ修理をするのに難しい作業を1000円、2000円、3000円と作業してくれる業者はいません。

なので料金に納得いかなければすぐにお断りをすることが一番です。

最後に最近読んだ本で「高いなぁと言われても売れる営業のしかけ」という本を読みました。

そこに
「サービスの価値はサービスを受けた後よりも受ける前の方が圧倒的に高い」

という言葉がありました。もしかしたら「ぼったくり!」と嘆いている方は行作業員の営業方法にも問題があるかもしれませんね。

ぼったくり業者!という前にまずは適正な価格か細かく確認したうえにしましょう。

料金を安く済ませたいとお考えの方はこちらの
トイレ つまり業者はいかがでしょうか。

優良の水道業者は「笑顔」と「愛」がある

優良の水道業者は「笑顔」と「愛」があります。

ぼったくり業者は「金」目当てなのでお客さんなんてどうでもよいのです。

本当に質の良い水道業者はお金は後からついてくるという考えで作業をしているのでお客様へ笑顔を忘れず作業をしてくれます。

注意してほしいのは笑顔があるのに料金は高額!という業者を悪質業者かもしれない。。。。という考えを持つのはやめましょう。

悪質な業者は作業時間が短い上に料金が高額です。

これは最初でも話した通りお客さんなんてどうでも良いんです。数をこなしていきたいのでスピードを重視しています。

こうなると、手抜きの作業にもなりかねないので再度修理が必要になる恐れがあります。

逆に優良の水道業者は料金が多少高額であっても作業時間が長く丁寧に修理してくれます。

ココが最大の違いだと私は思います。是非参考にして下さいね。

どんな業者が料金をぼったくるの?トイレ修理ぼったくり業者の実態を暴く!

水回りのトラブル修理を業者にお願いしたのに料金が高額すぎて払えない!もしくは払ってしまった皆さんへ今回はトイレ修理ぼったくり業者の実態を暴いてみたいと思います。

悪質な水道業者の特徴は、まず態度があきらかにわるいです。

「こんにちはー」など挨拶をしない、笑顔がないのはもちろんのことやる気のない態度や逆にガツガツくるタイプは注意したほうが良いです。

ぼったくりに合わない方法は、予算を伝えましょう。

「20000円以内で抑えたい」と伝えてそれ以上の金額で作業をやらないのであれば速やかに断りましょう。

ここでぼったくり業者の手口として多いのは「20000円の作業をやってみますがそれでも直らなければ追加料金発生しますよ?」といってきます。

こうなったら断りましょう。

本当に費用を抑えて修理してほしいのであれば、20000円でできないなら他の業者を探してみる事が一番です(ただ、時間がかかるのがデメリット)

電話した時に状況を細かく説明して予算は20000円です。それで作業ができるのであれば来てくださいとまずは確認してみましょう。

もし、どの業者にも20000円ではできない修理だと言われたら予算を少し上げてお願いします。と頼めば必ずやってくれるでしょう。

ぼったくり業者というのは1件あたり最低でも7万越える料金を請求してきますよ。ご注意ください。